当サイトでは、事故車を売却する際の流れ・高額売却を実現させるためのポイント・売却時の注意点などの基礎知識を解説していきます。
そもそも事故を起こした車でも売却できるのか、どのような流れで手放すのか、少しでも高く売るにはどうしたら良いのか、買取依頼時に押さえておくべき注意点はあるのかといった疑問を抱えている方は非常に多いかと思いますが、このサイトはそのような方に向けた内容となっているので是非参考にしてみてください。

事故車買取の基礎知識|売却の流れ・高額売却のポイント・注意点などを解説

事故車買取の基礎知識|売却の流れ・高額売却のポイント・注意点などを解説 このサイトでは事故車買取の基礎知識を解説していますが、そもそも事故を起こした車であっても売却することは可能です。
一般的な車と比べると売却額は大幅に下がってしまいますが、多くの中古車を扱っている買取店の多くは事故車にも対応しています。
事故を起こした車であっても、修理すれば乗り続けられるケースもありますし、問題なく使えるパーツがあれば分解して部品として販売できます。
また、近年は日本車への需要が高い海外への販売ルートを持っている買取店も少なくないため、事故車でも売却できる可能性は十分にあります。
そのため、事故車だからと言って廃車を前提とするのではなく、まずは買い取ってもらうことを検討すると良いでしょう。

買取に出す前に事故車の定義を確認しておこう!

買取に出す前に事故車の定義を確認しておこう! 事故歴がある車を手放す際に、買取してもらえるのか不安に感じる方は非常に多いかと思いますが、買取の可否の前にまずは事故車の定義について確認しておきましょう。
多くの方は事故車と聞くと、多くの方は交通事故を起こした車であるとイメージするかと思いますが、実際は単に交通事故を起こした車のことではありません。
その定義は、自動車公正取引協議会・日本自動車査定協会・日本中古車販売協会連合会の3つの組織によって定められているのですが、この定義によると事故車とは自動車の骨格部分にあたるフレームを損傷し、その部分を交換もしくは修理した経歴がある車とされています。
具体的には、フロントクロスメンバー・ラジエータコアサポート・フロントインサイドパネル・フレーム・ダッシュパネル・ピラー・ルームフロアパネル・トランクフロアパネル・ルーフパネルのいずれかを損傷し、修理・交換した車のことを指します。
つまり、これらの骨格部分が損傷した経歴がある車は、事故を起こしていなかったとしても事故車として扱われることになるということです。
一方で、事故歴がある車であっても、フロントバンパー・ロアスカート・フロントフェンダー・ボンネット・リアフェンダー・トランクリッド・リアバンパー・サイドシルパネル・ドアといった部分の損傷であれば、事故車として扱われることはありません。

福岡の事故車買取はココ!

福岡 事故車 買取