事故車を高額買取してもらうポイント

事故車を高額買取してもらうポイント 事故車を売却する際には、できるだけ早めにアクションを起こすことが大切です。
というのも事故車の場合は電気系統や本来なら保護されている部分がむき出しになっている場合があり、放置をしておくとコンディションが悪くなる可能性が考えられます。
買取ではパーツや部品などに価値が付くことが多いですが、状態不良になると価値の付く部分がなくなり高額買取はおろか、売却も難しくなる場合があります。
したがってできるだけ早めに売ることが肝要で、状態が劣化しないよう売れるまで大切に保管をしておきましょう。
しっかりと買取業者を比較するのも高額買取の秘訣です。
事故車は買取をしてもらえるだけありがたいと感じられることもあり、あまり高値を望まないオーナーもいます。
しかし実際は事故車でも高い価値を秘めていることがありますし、十分に比較をしないと損をする可能性があるのです。
他では出せない金額などと言い、自分の店に売らせようとする業者もいますが、そうした営業トークに騙されず数社を比較した上で売る場所を決定しましょう。

事故車を買取に出す際の注意点を押さえておこう

事故車を買取に出す際の注意点を押さえておこう 事故車を買取に出す際の注意点としてまず挙げられるのは、修復歴を買取業者に隠さずに伝えることです。
修復歴がある車を買取に出す所有者には、その事実を買取業者に告知する義務があります。
仮に修復歴を隠したまま買取が成立したとしても、後々に意図的に隠していたことが発覚した場合、瑕疵(かし)担保責任に問われる恐れがあります。
場合によっては、事後減額請求という損害賠償請求をされる可能性もあるので、無用なトラブルを避けるためにも事故車を売却する際は事故の経緯や修復歴を隠さずに伝えることが大切です。
また、還付金を確認するのも注意点のひとつです。
車を売却する場合、手放す時点で払い過ぎていた自動車税や自動車重量税、自賠責保険といった税金や保険金が還付される場合がありますが、買取業者によっては還付金が買取額に含まれていることがあります。
このような場合、思ったほどお金が得られない可能性があるので、買取業者に還付金について確認しておくことが大切です。